個人民事再生とは


借金などにより
支払不能に陥る
恐れがある場合に行う
債務整理の方法です

手続完了までの間
原則
支払いは停止します

裁判所によって
認められた
再生計画案に従い
一定の割合
(原則5〜10分の1)
(最低弁済額100万円)
の返済をする
ことによって
残りの借金を
免除してもらい
生活の再建を
目指す手続きです

 住宅ローンがある場合
住宅特則を
利用することによって
住宅を手放さず
他の借金のみを
圧縮することが
出来る場合もあります

但し、債務の総額が
5,000万円
(原則住宅ローン除く)
以下の個人が対象です

【主なデメリット】

個人民事再生の手続で
お困りの場合は
ご相談下さい

お問い合せ

トップページへ